ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援します。

19/1/14 空き時間で貸し出しするヴァイオリンの整備

小ネタ

どうでもいいことですが。電気自動車のテスラについて調べたら「自動運転のテスラ車が、道に迷ったロシア製ロボットをはねて逃走」という主旨の記事が見つかりました。未来はいろいろと難解ですね^^;。それだけです。すみません。

フェイクニュースで悪名高いスプートニクですが、以下の記事です(日本版)。
https://jp.sputniknews.com/videoclub/201901105791139/

空き時間で貸し出しするヴァイオリンの整備

土曜は東京にて、日曜は愛知にてレッスン。土曜の東京のレッスンはご本人やご家族がインフルエンザにかかってお休みの方が続出してしまいました。どうぞ皆様くれぐれもご用心ください。また日曜日の愛知レッスンは変則的な日程でやっておりました。

例年の事ですがどうぞ皆様、体調を崩す前にうまく休暇を取って頂きたいと思います。ただ、それが難しいのは会社員をやっていたこともあるのでとてもよく分かっています。アメリカでさえ政府機関の一部閉鎖が続いて給与が出ないかもしれないのに、現場の人が使命感を持って仕事をしているのは感動しました。その一方「不具合」が出たら手のひらを返したように冷たいのも会社や組織。自分の健康は自分で守って頂きたいと思います。

レッスンにお越しの方で近々本番のある方にヴァイオリンをお貸しするので、空き時間で弦の選定や弓との組み合わせを検討した。結局、弦はとっかえひっかえした結果、それまで張ってあったものが最も良い印象で結局元に戻した。弓はまだ迷っている最中。

楽器のことはなんか大したことではないと思われだろうし、わたしだって楽器よりも演奏と思う。けれども楽器によって思いのほか聴く人への印象は変化する。こうやってレッスンをしていても、楽器の具合が悪いと気になって演奏上の突っ込みを入れたくなる場面が多数出るが(その結果、ヴィブラートを入れたり、テヌートにしたりと音大生のような演奏にしたくなる)、逆に楽器が良い状態なら気になる箇所が無くなることもある(先ほどのヴィブラートやテヌートが余計なことに聴こえる)。楽器のことでマイナス評価されるのは残念な事。

人前での演奏は「良かったよ」「楽しかったよ」と言ってもらえることが、演奏者にとっての最大の報酬。演奏のことはもちろんのことながら、それ以外もうまく結果が出る周到な準備を提案していきたい。

 

19/1/11 グギっと痛みとしびれ〜心配しましたが一応大丈夫みたい

グギっと痛みとしびれ〜心配しましたが一応大丈夫みたい

水曜・木曜は東京にてレッスン。今回も多くの方にお越し頂きました。本年最初の方も多くいらっしゃいました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

しょうもないお話です。

水曜日のレッスンの最中、わたし自身がちょっとした拍子に右肩が「グギ」、「あ……^^;;;」と。右腕は一部の方向に動かすのが痛くて困難に「ついに来たか五十肩!」かと。それと併せて左手もしびれが出て心配しながら何とかレッスンは笑顔でこなした。ヴァイオリンもどうにか普通には弾けたと思う(左の指がしびれているけれど弾けるほどに感覚があったので重症ではないとも思った)。

木曜日も夕方までは右の痛さと左のしびれが残っていたが、夕方になったら軽減した感じになりひと安心^^。単に寝違えたようなものだと思う。痛いのは我慢すれば済むが、しびれは気になるので金曜まで残っていたらお医者さんに診てもらわなければと思ったので。でも、五十肩やぎっくり腰は遠くない将来来るだろうな…。

木曜日のレッスンの後にロンカプやチャイコンなど割と慣れ親しんだ曲で左指の動きの確認を。一応大丈夫そうで、安心した。いずれは動かなくなる時が来ると思うが、さすがに今来ては早すぎるし。でも出来るうちに少しでも多くの事をやっておかなければとも。

レッスンにお越しの方がお気づきにならないほど普通にレッスンができていればと願っております。

 

19/1/9 テレキャスを求めてギターの楽器店巡り

テレキャスを求めてギターの楽器店巡り

火曜日は夕方に東京にてレッスン1コマのみ。お越し頂いた方有難うございました。新しい楽器になさって私の側でも嬉しく思いました。楽器が替わると弾き方も変えなければいけなくなりますが、うまく使いこなして頂きたいと思います。

月曜日はお越しの方も出かける用事もないお休み。ようやくお正月が来た気分。年末にギターアンプを古いものに換えたらエレキギターの「テレキャスター」に興味が出てギターの楽器店巡りに渋谷、新宿、御茶ノ水へ。

ブランドに頼らず見せてもらおうと思って、本家フェンダーのものや別のメーカーによるコピーモデルも含め目に留まった楽器、予めWebで興味を持った楽器をあちこちで20本ほども弾かせてもらってワケわからなくなり、疲れて買わずに帰ってきた(10kmも歩いたし)。ヴァイオリンと同じで善し悪しは見た目でも分かるが「音楽ができる楽器かどうか」は弾いてみないと分からないもの。

ブランドや値段はモノ選びを楽にするものだなあと思わされた。でも楽器としての能力を見極められるようになりたいし、ブランドや値段に頼らず選びたい。

ヴァイオリンのストラディヴァリとグァルネリ・デル・ジェスと同じくエレキギターにも多くのメーカーや個人製作家にもコピーされる楽器がある。ストラトキャスターとレスポールというもの。ヴァイオリンと同じく形状はもちろんキズや塗装の剥がれまで模したものがある(ヴァイオリンの”ニセモノづくり”と同じ道をたどっていて、時代は変わっても人は変わらないと思わされます)。

そして、このストラトキャスターとレスポールの先祖がテレキャスターというもの。ヴァイオリンで言えばアマティのようなもの。知っていくと先祖へ過去へと進んでいくのが工芸品の世界。パイオニアのすごさを感じるし、時代を作った工芸品は実際に性能面でも優れている。ストラトキャスターもレスポールも持っているが、ちょっと先祖がえりをしてみたくなった。

わたし自身はヴァイオリンはグァルネリタイプの楽器が好みだ(ストラディヴァリは良い楽器と思うけれども好みとは違う)。けれども、次にということであればアマティやガスパロ・ダ・サロなど更に先祖に向かう事になるだろう。アマティ家の始祖は1500年代のアンドレア・アマティ。1500年代のものはレアでさすがにほとんど触ったことがない。ヴァイオリンの出始めの製品を充分時間をかけて触ってみたいところ。

 

19/1/7 日食

日食

土曜・日曜は東京にてレッスン。特に日曜日は8コマと大変多くの方にお越し頂きました。新年から多くの方にお越し頂き有難うございました。

日曜日は10時からのレッスンの少し前に日食を観察しに。バッチリ欠けて見えた(写真の撮影は失敗しましたが)。新年から特別な感じだが、今年が良き年になるよう願いたいところ(世界情勢、経済情勢はアブないと思わざるを得ない)。日曜日はレッスンにお越しの皆様もご様子が少し違って感じました。仕事初めで私の方が社会復帰できていなくて自分のレッスンの様子が違っていたのかもしれませんが。

上部が欠けているような欠けていないような写真になってしまった

木漏れ日も欠けているような欠けていないような

 

19/1/4 三が日〜工事・練習・掃除

三が日〜工事・練習・掃除

改めまして本年もどうぞよろしくお願い致します。3月分のご予約も既に110コマほどと大変多く頂きました。お正月でかえってお忙しい中、本当に有難うございます。

今年の年末年始は31日から愛知の実家に滞在して4日に東京に戻ってきた。この年末年始にやったことは…、工事・練習・掃除^^;。

今となっては年末年始の里帰りでのんびりする事はなく、親の行き届かない箇所を見つけ対策するのがここ数年の我々の帰省。経済紙に「実家の片付け」が特集が組まれるくらいなので、同世代の方はどこの家でも同じだろう。実家に帰る際には労働をするのが歳をとった親に対してやるべき義務なのだと今は思う。

今回の予定では母の確定申告の準備(普段と違う収支が発生したので)、それから2日に予定していた名古屋のギタリスト山口直樹先生との合奏練習の準備をメイン、それからいくらか庭の整備と部屋の掃除程度でと考えていた。

31日昼過ぎに到着。母と嫁さんとお寿司を食べて、長い柄の高枝切りはさみをホームセンターで買って、まず軽く窓拭きから始めようとしたら、ベランダのデッキの木材がひどく傷んでいる所を発見してしまった。傷んだ箇所が崩れて母が思わぬ怪我をしたら大変なので頼まれもしないのにデッキの解体補修を開始。木ネジが錆びていたりネジ穴が潰れていたりして予想外に解体作業に苦戦。部分的には破壊して、部分的には熱をかけて、部分的には渾身の力ずくで。ひどく時間がかかってしまった。元旦になっても作業を続行。解体の音を正月からご近所に響かせてしまった。

解体修理中。木材がかなり傷んでいたので崩壊しないよう対処。

元旦の夜には翌日の合奏練習の予定に向けて大慌てでヴァイオリンの練習。本番で使用する楽器と弓の決定もしたかったが東京にいる間に間に合わなかったので、今回はヴァイオリン2挺に加えて弓は10本持ってきた。急いで好ましい組み合わせの模索もして翌日の合奏練習で試すことに。

2日も午前中は解体修理の続き。靴も衣類も砂だらけ。午後に山口先生の名古屋市の教室へ。

ヴァイオリンと弓の組み合わせ、更にギターとの組み合わせは不思議なもので、楽器それぞれの音色がかみ合わないと、合奏自体が成り立たない。恵比寿のギターショップカリスの高矢さんと合奏する時にはバッチリ合うヴァイオリンと弓の組み合わせも、山口先生のギターでは全くうまくいかない。一方、別の組み合わせでは生き生きとした音楽になった。

単に音色が合う合わないではなく、合奏としてタイミングが合う合わない、音楽が進む進まない、というところの差で、大変に興味深い。ピアノの伴奏の時は感じない事なので、もしかするとギターの持っている特質なのかもしれない(だからギターは他の楽器との合奏は限られるのだろうか)。

今回の練習は7月の山口先生の教室の発表会に向けたもの。今回の練習で「これなら本番は面白く聴いてもらえる」と手ごたえを感じることができた。人前での演奏はいつも不安を抱えながら本番を迎えるわけだが、うまく弾けない不安はもちろん、そもそも「このプログラムでは楽しんでもらえない」という不安を持つことが多い(「自分が聴衆なら寝る」と言えるプログラムの時もあるもの)。企画の問題に起因する不安が減ったのはわたしとしても嬉しく楽しい事^^。山口先生、正月早々長時間お付き合い頂き有難うございました。

3日。解体修理の続き。それから庭木の剪定と庭の大掃除。伸び放題の枝を知識もなしにバシバシ切ったが今年芽吹くだろうか。車の掃除なども。

4日。筋肉痛…^^;

東京に戻る新幹線では富士山が見えました^^。
今年は良い年になりますよう。

 

2019/1


 

2018/12


 

2018/11


 

2018/10


 

2018/9


 

2018/8


 

2018/7


 

2018/6


 

2018/5


 

2018/4


 

2018/3


 

2018/2


 

2018/1


 

2017/12


 

2017/11


 

2017/10


 

2017/9


 

2017/8


 

2017/7


 

2017/6


 

2017/5


 

2017/4


 

2017/3


 

2017/2


 

2017/1


 

2016/12


 

2016/11


 

2016/10


 

2016/9


 

2016/8


 

2016/7


 

2016/6


 

2016/5


 

2016/4


 

2016/3


 

2016/2


 

2016/1


 

2015/12


 

2015/11


 

2015/10


 

2015/9


 

2015/8


 

2015/7


 

2015/6


 

2015/5


 

2015/4


 

2015/3


 

2015/2


 

2015/1


 

2014/12


 

2014/11


 

2014/10


 

2014/9


 

2014/8


 

2014/7


 

2014/6


 

2014/5


 

2014/4


 

2014/3


 

2014/2


 

2014/1


 

2013/12


 

2013/11


 

2013/10


 

2013/9


 

2013/8


 

2013/7


 

2013/6


 

2013/5


 

2013/4


 

2013/3


 

2013/2


 

2013/1


 

2012/12


 

2012/11


 

2012/10


 

2012/9


 

2012/8


 

2012/7


 

2012/6


 

2012/5


 

2012/4


 

2012/3


 

2012/2


 

2012/1


 

2011/12


 

2011/11


 

2011/10


 

2011/9


 

2011/8


 

2011/7


 

2011/6


 

2011/5


 

2011/4


 

2011/3


 

2011/2


 

2011/1


 

2010/12


 

2010/11


 

2010/10


 

2010/9


 

2010/8


 

2010/7


 

2010/6


 

2010/5


 

2010/4


 

2010/3


 

2010/2


 

2010/1


 

2009/12


 

2009/11


 

2009/10


 

2009/09


 

2009/08


 

2009/07


 

2009/06


 

2009/05


 

2009/04


 

 

2009/03


 

2009/02


 

2009/01


 

2008/12

 

2008/11

 

2008/10

 



大人のためのヴァイオリン教室 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」
東京レッスンの予約 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」愛知レッスンの予約 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 ツイッター  ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 Facebook  ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 インスタグラム