ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援します。

19/10/15 私は物わかりが悪いから〜答えはひとつではない

私は物わかりが悪いから〜答えはひとつではない

台風の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。報道されないような被害に遭われた方もいらっしゃるかと思います。一刻も早く日常の生活に戻ることを願っています。

不意に頂いた3日間は、8年ほど溜め込んで収拾つかなくなっていたデータの整理やPCの整備、サイトの整備、次バージョンの「ヴァイオリンがわかる!」を製作するためにWordPressの勉強・実験、それから1ヶ月お借りしていたヤコブ・スタイナーから学んだ事を自分の楽器で試す作業に使った。それから少しだけ近所の旧古河庭園へ。被災なさった方には不謹慎だが自分には大変有意義な3日間になった。

私は物わかりが悪い。教わったことに「なるほど!」と思えず「そーかなー」と疑問を持つことが多い。ヴァイオリンに関しても教えて頂いたり読んだりしたことにを納得できず、ずーっと疑問に思い続けている事が数多くある。「ヴァイオリンの良い音って?」「ヴァイオリンの正しい弾き方って?」「ヴァイオリンの正しい音程って?」等々。

スタイナーはかつてストラディヴァリの4倍の値段で取引され、バッハやモーツァルトも所有していた名品中の名品。それが現代では1/10だ(1500〜3000万円のイメージ)。最高級品の凋落に理由があるなら、それは音楽や演奏の変化を示すことで興味深い。バロック仕様からモダン仕様に改造された結果台無しになったとも、音はきれいでも音量が小さかったからとも言われる。でも、私は「そーかなー?」と疑問に思ってしまっていた。

クラシック音楽の価値は「土地も歴史も超えた普遍性」にあると考える。スタイナーの凋落は「歴史を超えた普遍性」の大前提に疑問を呈する事になる。クラシック音楽に誠実に向き合うのなら「かつての美意識」は確認しておきたい事柄だ。

しばらく弾かれていなかったのかお借りした当初は低音が薄く鳴らない印象だった。15日程弾き続けるうちに鳴る印象が出てきたが、それは楽器が起きてきたことより弾き方がこの楽器に合っていなかった事が主原因だったようだ。

オーストリア・ドイツ系の楽器という事で、「まさかね」と思いつつ、楽器を低く持ち肘を下げて弾くドイツ式の弾き方を試したら響く音が出た。ドイツ式は現在では「悪い弾き方」の典型例のイメージだが、決して悪い弾き方ではなく、当時のドイツの楽器を響かせるには理にかなった弾き方だったと驚かされた。古い絵画でこの弾き方の描写も多いし、ウィーンフィルでもそういう弾き方の人がいる事に納得がいった(ウィーンフィルはオーストリアの楽器を使います)。


わたしは普段こんな感じで弾くのですが


両肘とも下げて弾かないとうまく響きません。正直とても弾きにくいです。
昔は脇に本を挟んで弾くよう指導されたのですがまさにそのもの。
肩当ても使うことができませんし、音程のコントロールも困難です。

バロック演奏はメッサ・ディ・ボーチェ(「声を乗せる」の意)と言われる発音時より音を膨らませる奏法が特徴だ。そして音を切り気味に弾いたとされる。テンポの速い演奏も多い。スタイナーを響かせるためには少し膨らませたボウイングが必然であるし、音は止めなくても無理なく切れる。スタイナーでうまく響くように弾くと自動的にバロック演奏のようになったし、無理なく速いテンポで弾ける。すなわち「バロック奏法」があるのではなく楽器がそういう弾き方を要求したのだと思わされた。お借りしたのはバロック仕様ではなくモダン仕様のスタイナーなのにバロック的な弾き方を楽器に求められることには驚いた。

きちんと響かせられた時のスタイナーはかなりの大音量だ。ホールで弾くと耳元ではかすれた音でも距離が離れるほど音量が大きく感じられる典型的な遠鳴りだ。ふわっと広がるような肌理の細かい音、低音は豊かで高音は美しい、でも出しゃばり過ぎない。「上質なヴァイオリンの音とはこのことだ」と思わされた。無伴奏曲も曲芸として無理にこしらえた音楽と思っていたが、スタイナーではきちんと音楽として成り立つように聴こえた(特にA=415Hzの場合)。

 

音はひっくり返っているし、音程も怪しいのですが、こんな感じの響く音です
これは現代との比較できるようA=442Hzですが、A=415Hzはもっと響きました。
昔の演奏のように足も揃えたり片足だけ前に出す方が自然に感じられます。

厚みと広がりのあり、それでいて主張し過ぎない音のスタイナーはとても豊かなアンサンブルができるだろうと想像できる。そして実際に合奏すると相手の音がとてもよく聴こえる。ともすれば自分が主張し過ぎて相手の音が聴こえなくなることも多いものだが、ギターとの合奏でもバッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲をレッスンで弾いても相手の音がとてもよく聴こえた。アンサンブルをしやすい実用的な楽器という事を意味するし、イタリアよりドイツの方が交響曲など高度なアンサンブルが発達した理由がここにあるのだろうかとも考えさせられた。

曲はかなり選ぶ。バロックや古典派の「語る」音楽には似合うが、ロマン派の音楽には楽器が抵抗を示すし、近代の音楽も「語る音楽」になってしまう。音程感も違う。バロックの頃は「♯は低めに、♭は高めに」と現代とは逆だったとされるが、確かにそういう音程の取り方をすると音楽的に好ましい響きになった。この特性にはかなり違和感を覚えて1ヶ月では解決できなかった。

スタイナーの晩年は不遇で投獄されたり精神を病んでしまったとされる。そして、死後も時代には恵まれなかったと言える。当時の時点で究極の形で完成されていたのだろう。ヴァイオリンの変化の歴史をたどると、
・バロック弓からモダン弓になり(古い弓の方が響いた。バロック弓ならより響くだろう)
・バロック仕様からモダン仕様になり(この変化は確認できず)
・基本ピッチが上がり(A=415Hzの方がよく響いた)
・顎当てが付き(顎当てを外したらよく響いた)
・弦は強くなり(オリーブよりもテンションの弱いオイドクサがよく響いた)
・肩当てが付き(肩当てを外した方がよく響いた)、
と、時代の変化がことごとく悪影響になって響かなくなってしまったのだろう。

そして、演奏方法もロシア式やフレンチ=ベルギー式などが主流になり、時代の変化とともにスタイナーを響かせられる演奏家が減ってしまったのだろう。扱える人が減ればより一層評価が下がる。

お借りしたスタイナー。上手く響かせられた時の音は大変素晴らしく、現代の目で見ても優れた楽器と思ったが、残念ながら時代の変化からは取り残されてしまったようだ。ただ、近い未来こそが本当に上質な音を求められる時代なのかもしれない。バロック演奏をはじめ音の復興の気風は感じられる。その時にスタイナーが評価を取り戻し正当な評価が得られるかもしれない。

ヴァイオリンの演奏法やヴァイオリン音楽のあり方は多様であること、音程すらも一元的なものでは無いこと、決して音楽も楽器も必ずしも進化しているとは言えないこと。長年の疑問の解決の糸口を得られたように思えました。ヴァイオリン音楽の過去・現在・未来のいずれについても大変有意義に学ばせて頂きました。


日常の中でスタイナーを使えたのは大変有意義でした


360年前のヴァイオリンですので、相当な貫禄です。
でも音や弾き方はかつてと大きく違ってはいないのだろうと今回思いました。
古くなるから良くなるわけでもなく、古すぎてダメになるわけでもなさそうですし、
その楽器を響かせられる弾き方が正しい弾き方なのでしょう。

 

19/10/12 ヤコブ・スタイナーをお借りしていました

台風につきお休み〜皆様どうぞお気をつけてお過ごし下さい

台風につき日曜・月曜の愛知レッスンはお休みを頂く事にしました。ご不便・ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞご容赦ください。また土曜の東京レッスンは全ての方とご連絡がつきお休みとなりました。計画運休も発表されていて、賢明な判断かと思います。千葉県の竜巻など既に被害の出ている所もあります。台風による大雨・強風には皆様くれぐれもお気をつけてお過ごし下さい。

ヤコブ・スタイナーをお借りしていました

水曜・木曜は東京にてレッスン。土曜日のご予約の方の振替もあり大変多くの方にお越し頂きました。お越し頂いた皆様有難うございました。

金曜日は吉祥寺に弦楽器店のシャコンヌさんへ。この1ヶ月ヤコブ・スタイナー(Jacob Stainer:シュタイナーとも。1619年生1683年没のオーストリア・ドイツの製作家)をシャコンヌさんよりお借りしていてその返却の為に。

お借りしていたヤコブ・スタイナー(ラベルによると1662年製)
スタイナーはかつてストラディヴァリよりも高く評価されていた製作家
バッハやモーツァルトも所有していたと言われる

このスタイナーを活かすために、手持ちのオールド弓も毛替えや巻皮・ラッピング交換して性能を出せるように整備し、比較できるようにモダンイタリーの顎当てはクローソンのものに交換し、データ取りのためiPadやipod touchを大容量のものに新調し、と環境を整えた。

多く接するほど多くの事が学べるもの。日常の練習やレッスンでも使い、ギターとの合奏練習にお付き合い頂き、ホールでも鳴らしてみた。うまく響かせるのはとても難しく、古楽演奏法を参考にボウイングや音程など弾き方を試行錯誤した。

ヴァイオリンについてや弾き方についていくつも疑問を抱えながら長年接しているが、その多くについて答えになり得るヒントをスタイナーから得られた。自分にとっては誤算なくらい有益だった^^。確かにある時代ストラディヴァリ以上の最高のヴァイオリンだった理由がよく分かった。詳細はまた後日レポートさせて頂ければと思う。

そして3日間レッスンがお休みになったので、このタイミングしかないと思い、早速金曜日夜にPCの整備とこの日記のリンク整理を行った。これも長い間気になっていた事なので解決できてよかった。

美しいアーチが見て取れる。
ストラディヴァリとは違う形ではあるが、理想の形状のひとつとも思わされた。

ラベルを撮影するのは難しくピンボケになってしまった。
スタイナーの特徴のひとつ:裏板の補強が貼られていた痕跡や
小さなブロック、華奢なライニングなど内部もとても興味深い構造だった

 

19/10/8 ホールで音を出して疑問の解決を試み

ホールで音を出して疑問の解決を試み

土曜・日曜は東京にてレッスン。今回も大変多くの方にお越し頂き、特に日曜は9コマの満員大御礼となりました!お越し頂いた皆様有難うございました。

月曜はレッスン室のエアコンの掃除。建物の構造上、レッスン部屋は窓用エアコンを付けざるを得ない。10年前に買った窓用エアコンがホコリっぽいように感じて、今回ネジを外して中の熱交換器の掃除をした。結構大変な作業だったが、快適な空気になりました^^。

フィルターの内側の熱交換器がホコリまみれになっていました。掃除しがいがありました。

それから無線LANルーターの新調のため池袋へ。これまでのApple AirMac Expressからバッファローの製品へ。転送速度が速くなって、大容量ファイルをNASに転送するのも短時間になり満足^^。

火曜日午前は近所の北区滝野川会館へ。お借りしているオールドヴァイオリンをホールで鳴らしてみたかったから、小ホールを予約していた(午前の時間帯だと北区民は6360円なのです。お安く贅沢できる^^)。併せて、自分の楽器や弓も持って行って。

定員90名(イスのみなら170名のホール:195平方メートル)。
バロック音楽が演奏されたサロンなどはこれくらいの広さだったのでしょうか

ヴァイオリン5挺、弓13本を持ち込んで^^;

お借りしているオールド楽器の音についてはまた後日書かせて頂くが、ホールで弾いてみてはじめて分かった発見が多数あった。
・広いところで弾いてはじめて能力を発揮し予想外に大きな音で響いている
・近距離では鳴っていないと思っていた低音が離れた場所で聞くと豊か
・近距離ではやや耳に触りがちな高音がホールでは実に美しい
・遠鳴り:2~3mではかすれた音でも10m離れると響いて聴こえる
・A=415Hzのバロックピッチの方が低音も含めむしろ豊か
・強い弦なら大音量ではなくオリーブよりオイドクサの方が音量も豊か
・あご当てや肩当てなど「便利な部品」も、この楽器には響きを止める悪影響
・弾き方は現代とはかなり違うドイツ式の弾き方でないと響かない
など大変に多くの発見や確認ができた。総じて、上質というのはこういう事なのかと納得ができた。音の肌触りが滑らかでふわっと包み込まれる美しい響きで、確かにある時代にストラディヴァリより人気があったのも体感・納得できた。

また自分の楽器とも比較しながら、
・楽器が新しくなるにつれて現代の弾き方で響く音が出る
・肩当ても楽器によってはあった方が音が豊か
・弓と楽器の相性は少なからずあり、広いところでは差が拡大される
・「遠鳴り」現象は弓の方が影響が強いかもしれない
など発見・確認ができた。広い空間ならではの分かる事で大変に面白い。

現代ではストラディヴァリやグァルネリ・デル・ジェスが頂点だが、それは時代の変化:聴衆の人数の増大に乗り切ることができたかの違いで、お借りしている楽器が質的に劣ったものではないと思わされた(あまりに美しく品が良いために、主張の強いつんざく音が出せないところが時代を乗り越えられなかった理由と思った)。そして、どうも文化的な質は時代を下り文化が大衆化するほど表面的になり退化しているようだ。残念ながらそれも感じさせられた。

 

19/10/5 弓のラッピング交換・別の表現にお付き合い頂いた

弓のラッピング交換・別の表現にお付き合い頂いた

木曜は東京にてレッスン。この日も比較的余裕のある日程で、わたしの側も余裕を持ってレッスンをすることができました^^。お越し頂いた皆様有難うございました。


久しぶりに趣味のネコ写真が撮れました。

金曜日。朝一番でお借りしているオールド楽器を広い場所で試すためホールを借りる手続きを。音の広がりや遠鳴りの加減はホールで弾かないと分からないため。

それから楽器店へラッピング交換とフロッグの割れ修理、毛替えを依頼していた弓を取りに。


オールド弓らしいめっちゃ雰囲気の良い弓になりました^^。元の姿は↓


クジラのヒゲのラッピングから銀糸と糸のラッピングにして頂いた

弓はちょっとした事で音が変わりラッピングも少なからず音を変える要素。これまでのクジラのヒゲが切れてしまったのでこの弓本来の姿にして頂く事にした(1830年頃の弓と思われる。ただし実用性を考えトカゲの皮は巻いて頂いた)。

音にもかなり変化があり素朴かつ素直で上質な音になり、わたしには好印象になった。そしてこの弓は演奏のミスを少なく弾ける「失敗しない弓」で、その特性はそのまま残っている事に安心した。

午後に恵比寿のギターショップカリスさんへ。お借りしているオールド楽器でギターと合せて頂いた。お借りしている楽器で弾くとかなり曲の表情は変わる。3月に予定の美術館での演奏する曲で合わせて頂いた。当日は自分の楽器で弾くはずだが、全然異なった表情の楽器で音楽作りの参考にしたかった理由もある。

合せてみないと分からない事も多いものだ。楽器の側が演奏者に要求するままに弾くと、普段の楽器とは全く表情は変わるし、音楽の方向性自体も歌う音楽から語る音楽へと全然違うものになった。大いに勉強になったし、演奏しながら合奏の歴史や合奏のあり方自体についても多く考えさせられた。

わたしの勝手な興味本位の事にお付き合い頂き、本当に有難うございました。

 

2019/10


 

2019/9


 

2019/8


 

2019/7


 

2019/6


 

2019/5


 

2019/4


 

2019/3


 

2019/2


 

2019/1


 


 

2018年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2017年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2016年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2015年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2014年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2013年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2012年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2011年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2010年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2009年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記

2008年の「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記



大人のためのヴァイオリン教室 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」
東京レッスンの予約 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」愛知レッスンの予約 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 ツイッター  ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 Facebook  ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 インスタグラム