ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援します。

18/9/24 クラシックギター3年

クラシックギター3年

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。今回も7コマ+8コマと大変多くの方にお越し頂きました。遠方からお越しの方もおられ嬉しく思いました。お越し頂いた皆様有難うございました。

2015年9月に始めたクラシックギターが3年になった。私事で弾けない期間もあったし愛知に持ってくることは無くなったが、東京にいる時はこの3年間概ね毎日触り続けることができた。ここのところ時間的余裕がなく新しい曲に取り組むことはできていないが、3年前に取り組んでいたアルベニス「アストリアス」とソル「魔笛の主題による変奏曲」を現在復習中。当時より少しは弾けるようになったと思う。

恵比寿のギターショップカリスの高矢さんや名古屋のギタリスト山口直樹先生の演奏を間近でしばしば聴かせて頂ける恵まれた環境にある。また様々なクラシックギターのイベントにヴァイオリンで参加させて頂きクラシックギターの世界を垣間見ることができた。

ヴァイオリンでも同じだが、独学でもこだわりと向上心を持ち続けることができれば弾けるようにはなるものかなと思う。練習時間があまり取れなくても、毎日続けていると確かに少しずつ弾けるようになってくる。ただ、どういう演奏が上手いのか、どういう音が良いかを知る環境にあってはじめて進む方向を定めることができる。また上手な方のちょっとした所作から気づくことは少なくない。そこが独学では難しいところかもしれないが、進む方向を気づかせてくれる先生が良い先生だろうし、ちょっとした所作を含めて技術を盗むことなのだろう。

ヴァイオリンでも大人からは挫折率が高いもので、挫折するのは自分の限界が見えたり上達できる感じが無くなったりする時だろうか。「できない」「無理」と思った瞬間登っていくための綱は切れるもの(簡単に「できない」という人もいるがそういう人は上達できない)。幸い、今のところまだ何とかなりそうと思い続けることができている。続けること自体が困難なことだが、続けることが最も成果になることと思っている。

楽器もエステソとマゼの2本で落ち着いた。
弦長635mmと640mmのいわゆる分数楽器だが良質の分数楽器なら音的には問題ない
ただ、ヴァイオリンと同じく良質の分数楽器は大変にレア

 

18/9/21 音のアーキテクチャ展やメルセデスベンツのカフェや

音のアーキテクチャ展やメルセデスベンツのカフェや

火曜〜木曜は東京にてレッスン。今週は多くの方にお越し頂き、特に木曜日は朝9時からの8コマで大盛況でした^^。雨の中お越し頂いた皆様有難うございました。急に寒くなってきましたのでどうぞ皆々様風邪などを召されませぬようご自愛ください。

金曜日は六本木の東京ミッドタウンへ「音のアーキテクチャ展」を観に。ひとつの音楽にインスパイアされた9つの映像を大画面スクリーンで観るというもの(こう言ってしまうとみもふたもないが)。

こんな展覧会です。下記サイトは音が自動再生されるので注意です。
http://www.2121designsight.jp/

わたしが手持ちのカメラで撮影した写真ですが、これだけでもアートっぽいと後で見て思いました。

会場では音源をレコードで販売していました。

特にクラシック音楽で仕事をしていることもあり頭が古めかしくなってくるので、逆に最先端の音楽シーンを知りたいと思っている。

今回の展覧会なかなか面白く感じるところもあったのだが、その一方で「どこに新味があるのだろうか?」と考えさせられてしまった。音楽に合わせた映像を大画面に投影するのは相当昔から行われている。映像の中に入ることもそれほど新しいわけでもない。音楽を構造物(アーキテクチャ)になぞらえるのも大昔からだ。ひとつの音楽から9つの映像をというのがSNSを思わせ新しいのだろうか?いまレコードが見直されていて流行っているが、これは「音楽をかける」行為にて参加することが新しい音楽の聴き方ということなのだろうか?

だいぶ前だが2013年にボーカロイドオペラ"THE END"を観に行った時は「これは新しい」と思った。初音ミクによる歌だがノイズミュージックで音楽らしい音楽は無く、ストーリーらしいストーリーも無いのに何かとても感動するものがあった。「これはこれまでに無い経験」と思った。

現代の音楽とは?新しい音楽との接し方は?現代とはどういう時代なのか?音楽で仕事をしていて常々考える事ではあります。

その後、乃木坂駅近くのメルセデスミー(メルセデスベンツのショールーム)併設のカフェ(NEXTDOORというスペース)にてランチ。わたしはベンツに縁は無いがベンツのショールームでランチという行為が新しい経験になるだろうかなと思った。なぜか和食が充実していて豚角煮の定食を。まずいわけではなかったが、ひどく機能的な感じが確かにベンツを思わせた。

健康的に雑穀も入ったご飯が、なぜか味噌汁に対してひどく量が多く
外国のひとが作った和食と言う感が。メニューを見てもカレーに味噌汁が付くし

ランチの後、乃木坂駅近くの乃木大将旧宅にも(殉死が行われた家です)。

殉死はなぜ美談になったのだろうか。考えさせられるところがありました。

 

18/9/18 上野東照宮やMINIATURE LIFE展

上野東照宮やMINIATURE LIFE展

土曜・日曜は東京にてレッスン。両日とも7コマと多くの方にお越し頂きました。お越し頂いた皆様有難うございました。わたしもかなり頑張りました^^。

月曜日はお出かけ。オフとして出かけるのは久しぶり。近場で上野と日本橋へ。上野東照宮は2016年9月に出かけ今回は2回目。

あまりに立派なクスノキもあり(大木は勇気をもらえます)。

日光東照宮と同じくそれはそれは絢爛豪華。徳川家の力を見せつけます。
1651年建造の重文ですが、2013年に外観の修復をされ金箔ギラギラです^^。
左甚五郎の素晴らしい彫刻も多数あり上野にお出かけの際にはぜひぜひおススメです。

五重塔(旧寛永寺五重塔)もあります(京都や奈良と言い張れば通じるかも^^;)

というわけで、心身ともに疲労感が強かったので寝てればいいもの近場(自宅のある駒込から上野までは電車で10分)で観光旅行をしてきた。身体はともかく心は元気になった気がする。

上野から日本橋に行き高島屋で開催中の「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」を観てきた。とても楽しく面白く観られる展覧会で大いにおススメ。23日までだが、展覧会内容は下記URL。

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/tanaka.html

この展覧会では作品は撮影可能です。

 

18/9/15 ヴァイオリンを修理に(1か月の入院)

ヴァイオリンを修理に(1か月の入院)

金曜日はレッスンはお休みの一日。Facebookにも少し書いたがメインで使っているオールドヴァイオリンの修理をして頂きに購入元の名古屋のシャコンヌさんへ。以前から気になっていたことで指板とナットが減り過ぎて弦が指板に当たって異音もしていた。9年前に指板修正をして頂いているが、さすがに限界が来たようだ(先日の茨城での演奏の録音を聴いたら、弦が指板をこすっている音が結構入っていた)。

指板がかなり凸凹になってしまっています。
指板が薄くなってきている事もあり今回は指板修正ではなく交換になります。

併せて多くの楽器と弓を見せて頂いた。先日モダンヴァイオリンを安価に入手したこともあり、モダンイタリーに関心が出ていて、これまで苦手意識があって避けていたモダンイタリーに向かい合おうと思った。

物事の評価には「何が出来て何が出来ないか」の整理は大切な事と思う。そのためには思い込みではなく事実を積み重ねていく必要がある。短絡的にオールドイタリー>モダンイタリー>新作イタリー>フレンチなどと考えるのではなく、それぞれの時代で製作家は様々な事情を抱えつつ、けれどもその時代なりに良いものを作ろうとしたはず。その事情が分かれば正当な評価ができるはず。

今回、モダンイタリー特有の音がする理由の一端も教えて頂き、考えさせられることが大いにあった。歴史の中でそれぞれの人がヴァイオリンを大事にしようと善意で行ったことがむしろ仇になったのだとも。演奏に支障のある問題、音に関する問題はもちろん的確に直さなければいけないが、見た目を気にし過ぎたり資産価値を気にし過ぎるとロクなことは無いものだなあとも。

一か月後の出来上がりを楽しみにしています。指板でも結構音が変わるので、願わくば良い方に変わることを。

 

2018/9


 

2018/8


 

2018/7


 

2018/6


 

2018/5


 

2018/4


 

2018/3


 

2018/2


 

2018/1


 

2017/12


 

2017/11


 

2017/10


 

2017/9


 

2017/8


 

2017/7


 

2017/6


 

2017/5


 

2017/4


 

2017/3


 

2017/2


 

2017/1


 

2016/12


 

2016/11


 

2016/10


 

2016/9


 

2016/8


 

2016/7


 

2016/6


 

2016/5


 

2016/4


 

2016/3


 

2016/2


 

2016/1


 

2015/12


 

2015/11


 

2015/10


 

2015/9


 

2015/8


 

2015/7


 

2015/6


 

2015/5


 

2015/4


 

2015/3


 

2015/2


 

2015/1


 

2014/12


 

2014/11


 

2014/10


 

2014/9


 

2014/8


 

2014/7


 

2014/6


 

2014/5


 

2014/4


 

2014/3


 

2014/2


 

2014/1


 

2013/12


 

2013/11


 

2013/10


 

2013/9


 

2013/8


 

2013/7


 

2013/6


 

2013/5


 

2013/4


 

2013/3


 

2013/2


 

2013/1


 

2012/12


 

2012/11


 

2012/10


 

2012/9


 

2012/8


 

2012/7


 

2012/6


 

2012/5


 

2012/4


 

2012/3


 

2012/2


 

2012/1


 

2011/12


 

2011/11


 

2011/10


 

2011/9


 

2011/8


 

2011/7


 

2011/6


 

2011/5


 

2011/4


 

2011/3


 

2011/2


 

2011/1


 

2010/12


 

2010/11


 

2010/10


 

2010/9


 

2010/8


 

2010/7


 

2010/6


 

2010/5


 

2010/4


 

2010/3


 

2010/2


 

2010/1


 

2009/12


 

2009/11


 

2009/10


 

2009/09


 

2009/08


 

2009/07


 

2009/06


 

2009/05


 

2009/04


 

 

2009/03


 

2009/02


 

2009/01


 

2008/12

 

2008/11

 

2008/10

 



大人のためのヴァイオリン教室 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」
東京レッスンの予約 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」愛知レッスンの予約 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

「ヴァイオリンがわかる!」運営者の日記 ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」

ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 ツイッター  ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 Facebook  ヴァイオリン教室「ヴァイオリンがわかる!」 インスタグラム