ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

17/6/26 自分の弓の選び方

自分の弓の選び方

土曜は東京にて、日曜は愛知にてレッスン。今回も大変多くの方にお越し頂きました(私も頑張りました^^)。今回初めてお越しの方もおられましたし、とても良い音で安定して弾けるようになってきた方もおられ私としては嬉しく思いました(教わる側もでしょうが、それ以上に教える側としては長い長い辛抱なのです)。お越し頂いた皆様有難うございました。

レッスンの中で「弓はどうやって選定するのか?」という興味深いご質問を頂いた。得体の知れない世界だけにもっともなご質問と思う。弓選びについて書かせて頂こうと思う。

私自身の大前提として、鑑定書の付いた名弓は持っていて骨董的な弓はもう必要ないので、割安(絶対的な値段ではなく1000万円でも割安な弓はあります)で、見ても弾いても楽しい弓を、またオールド弓であってもそれをレッスンにお越しの方に弾いて頂いたり貸し出しできる弓が希望(骨董的弓はこの用途には不向き)。

展示会やオークション(弦楽器専門オークションにサンライズオークションがあります)などで、まとめて試せる機会に値段や製作者名を見ないで片っ端から弾く。その中で良いと思った弓をチェックし、もう一度弾いて、やはり良いと思ったら値段や製作者名を確認し購入対象になり得るかを検討する。値段や製作者名は見る目を曇らせるし、値段による弾き方・扱い方の差を付けるべきではない。当然、値段によらずどの弓だって大切に丁重に扱う。

片っ端から弾く時は速いテンポでD durやG durの音階(16分音符でスラーあり)で1本の弓につき2〜3秒だろうか。それでも自分にとって魅力的か分かるもので、「!」となればスピッカートや曲を弾いてみたりする。「跳ばし」がやりやすい「性能の良い弓」はいくらでもあるが、単なる音階やフレーズでもが音楽的になって、なおかつ「音色」を持っている弓は少なくそれを見つけようとしている。

店員さんにコンディションやオリジナリティの確認など値段の根拠を聞き、自分なりの値付けと比べ納得いくか判断材料にする。本当に購入一歩手前の気持ちなら価格交渉も行う(嫌な奴と思われるだろうがビジネスだから当然と考える。脈がなければあっさり引き下がる)。

既に弓をお持ちで買い換え・買い増しを検討と言うことであれば、まずは多く触って、多く店員さんとお話しする練習をしてみてと思います。店員さんのオススメや知識・見解も大いに参考にして経験値を増やしてと思います。弦楽器専門店なら店員さんのオススメはかなり信頼できて、普通の意味で悪くない弓が多いです。ただ、その上の弓を求めようとするとそれは趣味の世界ではあります^^。

ご参考になればと。

 

17/6/24 サイトのHTTPS化ができました

サイトのHTTPS化ができました

水曜日・木曜日は東京にてレッスン。体調を崩されて急遽お休みになってしまった方もおられたものの、今週も多くの方にお越し頂き有難うございました。体調を崩された方はくれぐれも早い回復を願っております、としか申し上げられず・・・。また、皆々様もどうぞご自愛下さい。

Facebookにも書いたが、かねてから課題だった「ヴァイオリンがわかる!」サイトのHTTPS化(暗号化通信化)の対応ができた。ご予約をWeb上で承っているため通信の暗号化は大きな課題のひとつだった。

インターネットセキュリティはリアル社会でのセキュリティと同じで、どのレベルでカギをかけるかという問題に直面する。普通の家庭に防弾ガラスや核シェルターは必要か?うちのサイトでも「世界の端っこの国のヴァイオリンを弾く人の情報」を盗もうとする悪意と、ハッキングや通信傍受するコンピュータ技術のある人がどれほどいるか?ということを考え、必要なセキュリティは意識して対応していた。

ただ近年になってGoogleが暗号通信対応をされているサイトを優先表示する方針、言わば「防弾ガラスを入れた家を信用して優先する」と表明するようになった。そのためか低費用のサービスも整って来たし、対処法も簡単になってきた。HTMLファイルの修正(絶対パスでの記述を相対パスに)も多いためなかなか手を付けられなかったが、ようやく重い腰を上げることができた。

併せて発見した不具合や2005年当時のサイトから引きずっていた問題も直した。思えば時間と労力をかけてこのサイトは10年以上経ったのだなと思いにふける。内容も手直ししなければなあ・・・(あまりに膨大で途方に暮れる)。

見かけは何も変わらないが、https://www.violinwakaru.comでアクセス出来るようになったのは長い課題を解決できて嬉しいし、ご覧の方にとっても安全な閲覧環境を提供できるようになったのは私にとっても嬉しい。→https://www.violinwakaru.com

輝ける、カギマーク付きのURL(^^)

 

17/6/21 社会的な分かりやすさ

社会的な分かりやすさ

火曜日夕方はレッスン。今週は4コマと火曜日の満員御礼!。5年ぶりにお越しの方もおられヴァイオリンを続けられていたことに私は嬉しく思いました^^。お越し頂いた皆様有難うございました。

ツイッターのアカウント名を「ヴァイオリン教室 ヴァイオリンがわかる!」に変更してみた。以前からレッスンにお越しの方からも伺っていたことで、「教室をやっていることが分からなかった」と。「何だかよく分からない存在」が自分では気に入ってはいたのだが、確かに社会的には分かりやすい方が好ましいことだろうとも思う。Googleの検索順位を見ても最近人工知能にされたのか、Googleの考える「社会的な分かりやすさ」が判断基準の一つになったように思える。

肩書き・経歴が過度に前面に出るのは好ましくないと考えてはいる。その一方で、肩書き・経歴で判断されるものと事ある毎に思わされてきた。ご覧の方がどう思われるか分からないし、宣伝が過ぎるようにも思えるが、多くの方にとって存在や立ち位置が分かりやすいものにしようと舵を切ることにした。

順次変更をしていきたいとは思いますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

17/6/19 レッスンにお越しの方が作曲なさったCDを頂いた

レッスンにお越しの方が作曲なさったCDを頂いた

土曜・日曜は東京にてレッスン。体調を崩して急遽お休みになってしまわれた方もいらっしゃいましたが、今回も多くの方にお越し頂きました。お越し頂いた皆様有難うございました。

レッスンにお越しの方からCDを頂いた。以前日記にも書かせて頂いたが、お仕事として作曲なさっている方で今回映画音楽の作曲を担当なさったそうだ。そのサウンドトラック盤のCD。

「いのちあるかぎり・・・木田俊之物語」という映画で筋ジストロフィに罹患した実在の歌手の物語。詳細はオフィシャルサイトからはあまりよく分からないが、感動しそうな内容だ。

オフィシャルサイトはこちら。
http://www.movie-kidatoshiyuki.com/

映画の予告編です。

早速CDを聴かせて頂いたが、多種多様の曲調でお作りになった曲が18曲、それからセリフ集と実在の木田俊之氏の歌も入っている(車椅子で歌っているとは思えない歌唱力!)。ご本人からも「曲数が多くて大変」と伺っていたがこれだけ様々な曲を作るのは大変な大仕事なんだろうと想像に難くない。

松本隆/加藤和彦の大御所コンビの曲を編曲なさった曲、ご自身が作詞/作曲なさった歌の曲のCDも頂いた。こちらのCDの歌い手さんは俳優さんのようで歌唱力はいまいちと思ったが作曲なさった曲は良い曲だ。

本当におめでとうございます。身近な方が様々な分野で活躍なさっているのはわたしとしても嬉しく思います^^。わたしも頑張らなくちゃ(とりあえず日々のレッスンとチャルダッシュのスピードアップ^^;)。

 

17/6/17 サイト更新&指が回らず強化練習

サイト更新&指が回らず強化練習

金曜日は一日お休み。朝ジョギングはどうにか続いていて近所の旧古河庭園の周りを一回り。体調良好な感じになって今のところ自己満足^^。区内他の図書館から取り寄せてもらった本を受け取りに滝野川図書館にも(今は便利ですね)。

記事更新をしました。しばらく「ヴァイオリン弓の楽しみ」についてをテーマにしました。よろしければどうぞご覧下さい。
http://www.violinwakaru.com/artcl/30/31_00201.html

ヴァイオリン本体よりも弓は理解されていないように思える。弓は指し棒でもましてチャンバラごっこの道具でもないがそのレベルでとどまっている事は多い。でも、むしろ弓の方が形状がダイレクトに音になるため楽器として論理性があって面白いと感じる。弓の見どころ・聴きどころ・触りどころがお伝えできれば、ひいては楽しみ方がお伝えできればと願っている。

夕方に恵比寿のギターショップカリスさんにでかけて合奏の練習をして頂いた。今回わたしの楽器を修理したため感じが変わってしまった(弾いている側には分からないことなのでなかなか厳しい)。弾き方を変えることで対処することにして、従って1月に撮影した動画とは全然違う音楽になった(それは逆に良いことかもしれないが)。

チャルダッシュも速い箇所がうまく指が回らず自宅に帰ってきてから指を動かす強化練習を。四分音符=180程度で弾く事にしているのだが、改めて地道にゆっくりから少しずつテンポを上げて練習。こういう曲は曲芸にならないといけないので楽々と軽々と弾けるようになればいいなと。

 

17/6/15 宝物のカール・フレッシュを新調

宝物のカール・フレッシュを新調

水曜・木曜は東京にてレッスン。木曜は特に8コマと多くの方にお越し頂きました。今回は体調を崩されて久しぶりにお越しになった方もおられわたしの側では嬉しく思いました。また楽器のご相談も頂き、拝見させて頂いたのはよい楽器で安心しました。お越し頂いた皆様有難うございました。

いささか躁状態の勢いで注文して届いた。カール・フレッシュのスケールシステム。

長年使ってきたカール・フレッシュを買い直すことにした。左は子供の頃習っていた先生から頂いた、しかも先生がお使いになっていたもので私の宝物。この内容が自分には充分身になったとは言い難いが、紆余曲折ありその結果ヴァイオリンの仕事をしている自分にとっては励みでも戒めでもある。嫌々ヴァイオリンに接していた時も、夢中になっていた時も、やっぱり投げ出した時も、故玉置先生のレッスンでもこの楽譜には接してきていた。

さすがにボロボロでその都度少しずつ紙が崩れるので実用には苦しくなってきたし、10数年ぶりのヴァイオリンの抜本的修理をきっかけに改まった気持ちになりたくなった。新しいカール・フレッシュもボロボロになって自分にとっての宝物になるまでしっかり使っていきたいと思います。

 

過去の記事

2017/6


 

2017/5


 

2017/4


 

2017/3


 

2017/2


 

2017/1


 

2016/12


 

2016/11


 

2016/10


 

2016/9


 

2016/8


 

2016/7


 

2016/6


 

2016/5


 

2016/4


 

2016/3


 

2016/2


 

2016/1


 

2015/12


 

2015/11


 

2015/10


 

2015/9


 

2015/8


 

2015/7


 

2015/6


 

2015/5


 

2015/4


 

2015/3


 

2015/2


 

2015/1


 

2014/12


 

2014/11


 

2014/10


 

2014/9


 

2014/8


 

2014/7


 

2014/6


 

2014/5


 

2014/4


 

2014/3


 

2014/2


 

2014/1


 

2013/12


 

2013/11


 

2013/10


 

2013/9


 

2013/8


 

2013/7


 

2013/6


 

2013/5


 

2013/4


 

2013/3


 

2013/2


 

2013/1


 

2012/12


 

2012/11


 

2012/10


 

2012/9


 

2012/8


 

2012/7


 

2012/6


 

2012/5


 

2012/4


 

2012/3


 

2012/2


 

2012/1


 

2011/12


 

2011/11


 

2011/10


 

2011/9


 

2011/8


 

2011/7


 

2011/6


 

2011/5


 

2011/4


 

2011/3


 

2011/2


 

2011/1


 

2010/12


 

2010/11


 

2010/10


 

2010/9


 

2010/8


 

2010/7


 

2010/6


 

2010/5


 

2010/4


 

2010/3


 

2010/2


 

2010/1


 

2009/12


 

2009/11


 

2009/10


 

2009/09


 

2009/08


 

2009/07


 

2009/06


 

2009/05


 

2009/04


 

 

2009/03


 

2009/02


 

2009/01


 

2008/12

 

2008/11

 

2008/10

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム